カテゴリー別アーカイブ: イベント

『ユニット』Traibal Function Orchestra『組みました』

お久しぶりの記事です。

ついに村民祭が来週末に迫ってきました!!
今回村民祭に出るにあたってショウゴ少年は悩みました…

新宿LOFTなんていう THE ライブハウス のメインステージで、ただDJをするだけでいいのか…と

出せさせいただくなら、聴きに来てくれる方がいるなら、つまらんパフォーマンスはできないぞ自分…なんか秘策はないか…と三日三晩寝れずの日々が続きました。

そこで閃いたショウゴ少年

 

そや、自分の周りにはすげー人たちが沢山いる!
協力したらとんでもないパフォーマンスができるのではないか!

思い立ったが吉日、その日のうちに連絡し結成されたのがこちら→

[DJ Dacha作][命名 Gakuさん]

編成は自分Syogo・Takechiyo・Dachaの三人!

以前書いたイベント記事にも出てきたお二人ですが、どんな方かって言うと

とりあえずDJがめっちゃ上手い

村長ことBackassさんもDJはたまげるレベルで上手いですが、このお二人もハチャメチャに上手いです、普通に尊敬してる二人。

そんなお二人に「今回の村民祭をスタートとして、面白いことしたいんです!」とお願いしたとこと快くオッケーをいただきました!

三人でDJ?なにすんの?と思う方もいるかもしれませんが、それについてはまた明日、記事にしたいと思います!!

IMG_3750-300x199IMG_3751-474x313IMG_3752-e1408768694970-300x386

こんなすました三人ですが、村民祭当日はこんな感じでお待ちしてますので、気軽に声かけてくださいね!↓

IMG_3748-300x400IMG_3749-300x225IMG_3747-300x400

村民祭の出演者ってどうやって決めてるの? −ケミキラモワンダオショウ−

今年で4回目を迎える村民祭。

去年の参から出演者もニコ生に限らず、メジャーもインディーズも関係なくブックキングが行われました。村民祭弐から村民祭の運営に携わってきた私ひこざが少しだけその経緯を話したいと思います。

 

さてさて今年一番自分がテンション上がった出演者はケミキラモワンダの4人!

 

 

何故今年、彼らが村民祭に出ることになったのか・・・。

ニコ生の人を集めて作った映画の繋がりから村民祭1回目にramoさんとアキラ(父)が出て、3年目の年にburnDJコンテストでオショウさんと知り合って出てもらったら、同じ年にケミキラモの動画みたヒラサワンダさん達がイベントすることになって、ワンダさんがオショウさんとCD作ることになったらケミキラモがコラボしてて、なんだ皆で出てくださいよ、ってなった。

と短絡的に書きましたが少し詳しく説明していきます。
この話をするためには3年前に戻らなければなりません。

 

そうこの映画。Y Do You Step

ぺにお こと関口健仁が様々なニコ生の生主たちによって作り上げた作品。出演者はもちろん、撮影やロケ地、音楽もニコニコ生放送の人達によって作られたのです。

 

Nobodyなんとか

 

なんと映画の主題歌として使われたこの曲はケミーキラーのアキラとramo&motyのdeveloptreeが即興で作った曲。

 

ケミーキラーは言わずと知れた化粧動画で有名なアキラと、天才的な感性の持ち主のアケミの二人。
(とりあえず「ケミキラ  踊ってみた」で検索すればやべー奴らってわかるから)

ramoはニコ生音楽配信のパイオニア!ニコ生DJ界隈で彼を知らない人はいない!
4cさんはramoさんを目標に生主をしていたという話も)

 

5年前からニコ生やってる長老3人。
元々はケミキラのファンだったramoが声をかけてコラボが実現しました。

そんな彼らの曲が映画に使われたことからその年に映画で主演を務めたBackass主催の第1回目村民祭にオファーがかかり、developtreeと(何故かアキラの父)ハリーさんの出演が決まったのです。

 

 

それが彼らと村民祭の初の接点。

2回目、3回目の開催時アプローチはあったのですが互いのタイミングが合わず出演はありませんでした。そんな2年間の間、主催者のBackassとケミキラ、ramoはそれぞれの活動に専念していました。

 

2013年アセンションの年。

BackassはDJとしてのステップアップとしてPERDOMINANTを結成しburn WORLD DJ CONTEST 2013に参加しFINALISTに。そして、同じFINALISTのDJオショウと一喜一憂し村民祭参に出演してもらう。

 

ケミーキラーはフォトグラファー、MCなどニコ生でそれぞれ活躍し、ramoはネットから離れ自分と音楽と向き合った。

そして彼らの活躍を動画で知っていたヒラサワンダの後押しでイベント「今年中に見ておきたい日本の絶景」を開催し再び集まった。

このヒラサワンダさんの登場で点と点が線になるのです!!!

 

これぞ村民祭のテーマであるCHAIN REACTION!!!!!

 

やっとこの記事につながるんですねぇ〜
→【村民祭FEVERスペシャルゲストーDJオショウー

それでヒラサワンダさんの図らいでオショウさんのメジャーデビューMIX CD プラネタリウムにケミキラモが参加したことによって、PERDOMINANT、DJオショウ、ramo、ケミーキラー、ヒラサワンダという出演者陣がつながるんですね!

要するにこんな図↓
3eba117a1632562e9d37ae13fb318d4e-300x225

これらのCHAIN REACTION(連鎖反応)が村民祭に収束する!
これが出演に繋がった!

 

村民祭に関わる人達はみんな、実はこういった人と人が生むシナジー(イベントやモノづくり)によって広がって来ているんです。だから関わっているそれぞれ一人ひとりにこういったエピソードがあります!

そう!これが本当の村民祭の面白いところ。
僕らが提供するコンテンツは人と人の繋がりそのものなんです!

 

僕ら運営が言えることは、村民祭に遊びに来ていただいたことでお客さんもこのCHAIN REACTIONの1つになるということ!

 

わくわくしません?

 

他にもたくさんのCHAIN REACTIONで成り立ってる村民祭。
是非お時間ありましたら遊びに来てください!

村民祭FEVER HP  sonmin.net

 

ひこざ

まったん、ライブ活動を活発化

8月4日深夜、まったんは8月30日に新宿で開催する村民祭にて、「まったん3rdライブ」を行うことを、コミュニティお知らせページにて発表した。

まったん

村民祭主催者のバッカスは、それを知らされておらず、配信中にその事実を知り、狂喜。

ワンツー

bks「ワン・ツー ワン・ツーが生で見れる!超テンションあがるんだけど!!生ブーンみれるの!?これ、夢が一つ叶ったわ!!」

と、大興奮。

f09c8d2ff1fc05feb9d58a38a539fe03

ウナちゃんマン、横山緑、NER、GM(まつちゃん)が集結した伝説の「まったんライブ」が4年ぶりに復活するとあって、twitterでも歓迎の声が上がった。


22666636666

ん?

↓村民祭HPはこちら

web-flyer4x3-300x225

↓チケット購入はこちら

ec18856039e63435e1e0dedbe3accb27


 

また、一方で一番痛いアイドルを決めるイベント「痛ドル甲子園」への出演も発表。

 

05829f0b3bc08cc6afd73cf31ee141ba

222

555

新規動画の撮影も行っているようなので、こちらも注目したい。

 

aaaaddd

あれ?一番右側に、なんで生主麻雀に出て、小岩井を追い込みまくってるあのスノーゴーグル男が居るんだ…?

村民祭って何?

koetanaに初めて記事を書く者です、どーも。

8月が近づくにつれ村民祭がだんだんと待ち遠しくなってきました。

『村民祭って何?』

koetanaを見ている人たちは既に知っている人たちの方が多いと思います。

知らない人に説明すると下の動画(去年の村民祭)を見てもらえればなと

動画見るのめんどくせーよって人に説明すると、ニコ生放送主Backassが立ち上げたシンガーソングライター・バンド・DJ・VJ・ダンサー等のジャンルレスな音楽に携わる音楽好きな人たちが作り上げる1年に1回の祭り。

この村民祭を知るきっかけになったのが他の誰でもないBackassの放送を見た時。

第一印象は熱弁する酔っぱらい

とにかく熱かった。酒瓶片手に何をそんなに熱弁しているのか、何に対してそんなに吼えているのか・・・

でも言ってる事は酔っぱらいのソレじゃない、勢いが酔っぱらいなだけで。

パソコンに向かってこんなに熱く感情むき出しで話してるこの人面白いなーと思って放送を見続け始めて数ヶ月が経ちある時放送で

Backass『今年も村民祭やるよ』

なにそれ?

気になり調べて過去の村民祭の映像やら放送を見たら『面白そうじゃん、行ってみよう』となった訳。

結局村民祭には行けなかったんだけど別のイベントでBackassくんに会って、その時の印象は陽気な酔っぱらい。

去年の動画の8:53~見て貰えればオーガナイザーBackassの村民祭に対する思いが伝わると思いまーす。

今年の村民祭は8/30(土)新宿Loftで23:00から!!!

詳細はsonmin.netやkoetana.netで随時更新アリ

村民祭弐 アーカイブス

DSC6828-474x314

今回第二回目になる村民祭は初の「野外」での開催が決定!

会場は山々に囲まれ小川の流れる自然の中、、、、

「村民祭」は社会から開放された空間で、

配信を通して出会った人や音楽を通じて出会った人、

さまざまな形で出会った人たちの

ネットだけでは味わえない「リアルの楽しさ」をキーワードに

「交流」と自由に「楽しむ」を基本に構成された「祭」!

前回から1年。。。

また多くの出会ってきた仲間や人と人のつながりから構成される

ver.UPした「村民祭弐」

初の野外、自然の中で人との交流、

最高の「音」と「アート」etc…を

村民祭弐で僕と握手b

by Backass


thankyou-474x250

3eb0248954764d773dd5727e78ae8715-474x225

flyer2-474x669